前の10件 | -

病の原因は?




ハイテク被害でありとあらゆる病気が可能だという話を
取り上げましたが、


それは季節ごとに自然を装って実行されています。


例えば花粉症の季節であれば
副鼻腔と目に照射する事で鼻水と目のかゆみを生じさせれば、
その攻撃を受けた人間はそれを花粉症であると認識することになります。


元々の花粉症は免疫力低下や人間の肉体の機能の異常による
物だと思いますが、
実は擬似花粉症が自覚、無自覚の被害者間に流行する可能性があるわけです。


面白いことにハイテクを使用した病の流行は、
TVの製薬会社のCMと連動するように引き起こされることになります。


TVでカンジダ菌の薬品のCMが流されることには
そのカンジダ菌の症状を受けていたり


風邪の季節には風邪の症状と言った具合にです。


私は自分が実行されている被害を
外部からの刺激を感じることで選別できますし


どうやら本来の私は健康優良中年のようで
彼らの関与が無ければ病をすることも無いようです。


その証拠にこの五年間、彼らの手による拷問行為などや
自らの弱体化のため以外には寝込んだこともありませんし
病しらずです。


しかし私の肉体は、電磁波照射の影響として
あらゆる病状を認識することにもなっています。


そしていつも気がつくのが
TVの製薬会社のCMや医療番組の内容との
連動的な関与でした。


私は自分が違和感や痛みを覚えると
それがハイテクの関与であれば加害者にその旨訴えます。


勿論盗聴されていることを前提にです。


そして照射をやめさせるよう勤めるわけです。


時には記事で触れることでです。


ただ、そんなハイテクの関与を無自覚に受けている人であれば
自分の体調不良を病だと認識することになろうことも想像がつきます。


それが日本全国で多くの人間に
実行されている可能性を指摘しておきます。


そして前回も触れたように、この被害はそのまま医療利権にも
繋がっていると思います。


病になる人間がいることで医療機関は儲けるのですから
闇政府のハイテク関与は病を生み出しては、
医療機関の需要をも齎している事になります。


そして一方では
人間の免疫力低下を促進する事でも病人の製造を
促進することが出来ます。


ワクチン接種がいったい何を生んでいるのか?

化学物質の含まれた食品が人間をどう変えているのか?


そして雑菌への過剰な反応による潔癖時代が
何を生んでいるかを考えてみればよいと思います。


元々は雑菌と言っても、
それが重い病の原因になるようなものでなければ、

私達は時にはそれを体験することで
免疫機能を強化することにもなります。


しかし温室育ちにさせられて、
その上にワクチン摂取まで義務付けられて
更には化学物質だらけの食事をしては、免疫機能を落としている子供達は


以前の人間が感染しなかったような病にも
当たり前に感染するようにもなります。


手足口病のような弱いウイルスにまで感染し、
大人であってもノロウイルスに感染し

今年であればマイコプラズマ、トキソプラズマのような
真菌に感染するその実態が、

私達の社会の人間の免疫機能低下を示していると思います。



ちなみに多くの細菌やウイルスは
撒かれている可能性が高いことはいうまでもありません。

ケムトレイルという形でです。



更に免疫力低下と無関係ではないのが
私達の周囲に蔓延している電磁波の存在です。


とりわけ家庭環境下でも散乱している低周波の影響は
そのまま私達の免疫力低下に資していると思います。


昔と異なり多くの人間が癌で死ぬようになった原因の一角は
間違いなく家電から発せられている低周波や
高圧鉄塔の超低周波の影響だと思います。


それらは時には私達のDNAをも傷つける可能性もあります。


免疫力の低下した私達の細胞は
有害な物質や真菌のようなものの影響を直撃されることになり、


肉体の正常時には起こらない、
異常な細胞が増殖を起こす反応を示す
癌という病にかかることになります。


正常な肉体では細胞が癌化する事も多くはないでしょうし、
細胞が癌化すれば、それを取り除くことになるのが
正常な私達の体の機能ですが、

免疫力の低下した私達はそれを取り除くことが出来ないだけでなく
増殖を促進する羽目にもなります。


それがキラー細胞や白血球の活動と関係あるかどうかは判りませんが、
免疫力低下が齎す悲劇だと言うことです。


そしてがん患者が増えれば今度は製薬会社は
高い抗がん剤でも儲けることになります。


医療機関も同様だと思います。


不可思議な電磁波と医療機関の関係は
ここでも存在しているのです。


と言うだけではなくて闇政府の策略と医療機関の癒着が
不思議と目に付くのです。



更にいえば”西洋医療の不思議”と
考えていることがあります。


もしも本当に地球社会の人間の健康を求めたいと願うのであれば、

病になった時にそれを改善するような薬を開発するのと同時に
病の大元となった原因にこそ目を向けて、
それを根底から断ち切る努力をすべきです。


病が細菌やウイルスが原因なのであれば、
現在の科学力をもってすれば、
それを地域環境から消滅させる事だって可能なはずです。


しかし医療の研究開発は、
すでに現象(症状)として起きているものを
改善する事に力を入れる一方で、
根本的な解決としての原因追求には力を入れてはいません。
(予防と称したワクチンはあってもです)



力を入れて追求した時に、その原因が時には電磁波であったり、
絶滅可能な細菌やウイルスであっては困るからではないでしょうか。


病の原因を追求して欲しくない人間達もいるでしょうし、
一方病が根底から絶滅してしまうと
今度は医療機関も製薬会社も需要がなくなります。


彼らはそれを理解しているからこそ、
病にしても真の原因究明を怠り、


その上に意図的に人間が病にかかりやすい環境を作り上げ
それを放置する事で医療機関や製薬会社に
協力しているのではないでしょうか。


WHO(世界保健機構)が闇政府傀儡機関であることは有名ですが
エイズを撒き散らしたのもこの機関だと言われています。


権威や権力が人間の平和や健康のために存在していると
思い込まされているところに私達の悲劇があるのです。


それは特定の人間達の利権を齎すために
利用されているものなのですから。

ハイテク被害の実態 



頭への刺激による思考妨害と精神抑圧が酷くなりましたので

闇政府のハイテクの存在を知らせるためにも
そのきっかけとしての身近なハイテク装置に関しての
実態を自分の理解で紹介します。


ハイテク利用の”電磁波攻撃”と表現することもありますが、

それは現実にこの社会の中で使用されていますし、
大元である軍事兵器の技術を劣化させて
人間単位で使用しているものと認識しています。


私達被害者が受けている電磁波には複数の種類が存在しているようです。


頻繁に称されるのは”マイクロ波”といわれるもので
これは指向性(方向を特定できる)があることから
頻繁に用いられている気配です。


そして電磁波に他の電磁波を乗せることが出来るという
性質を利用しては複数の効果をも齎すことになるようです。


私が他に頻繁に感じているのは低周波振動です。


これが性器や脳への抑圧にも利用されますし
思考妨害、更には鬱などの誘導にも効果があるようです。


それが直接身体に照射されるというのではなくて、
そのための大前提として室内では大きな磁場が出来上がっているという実態が
あるようです。


私の部屋で言えば冷蔵庫、そしてドアフォンのついた壁の中の
強い電圧が其の磁場の中心となっていて、


それに対して平行方向、更には垂直方向へと
電磁場が出来上がっていると想像しています。


前提としての磁場が存在して、
其の上に室内に存在する家電も電磁波の通り道にもなるようです。


エアコン、冷蔵庫、パソコン、TV,


時には携帯ゲーム機や携帯電話もがそのために利用されるようです。


元々そこから発せられている電波や低周波やマイクロ波を
外部から増幅する手法もあります。


更に問題となるのは人体自体が磁性化されることで
其の身体への照射は容易になると言うことです。


其の時に使用されるのがあらゆる薬品類です。


とりわけ被害者有識者が磁化剤と呼んでいる
体に電磁波の影響を齎しやすくする溶剤が存在しています。


それは無味無臭であったりしますが、
携帯電話の画面などに油のような存在として
張り付くことで認識することもあります。


それを大量に吸い込ませることで外部からの電磁波の影響を
与えやすいように、更には電磁波を誘導されやすいように
しているようです。


体が磁石となって蹉跌を引き寄せるように、
もしくはラジオやTVが電波を受け止める様にです。



マイクロ波照射の特徴は、
電子レンジの使用でも判るように熱の発生として
認識できます。

つまりそれを照射され続けると体が熱くなるのです。


ただ、近年はそれを変調しているのか、
冬場は別のものを多用しているのか、


冬場は寒い放射線、夏場は暑い放射線を使用され
不快な思いを続ける羽目にもなっています。


マイクロ波を受けたことで細胞の水分が活性化されれば
其の箇所が腫れたり乾いたりする事も容易に想像がつくと思います。


つまりは物理的な変貌をも伴う攻撃だと言うことになります。


しかも時にはレーザー光線のようなものをも
掛け合わせて使用してくるので


体の皮膚の表面(皮)を切られるような事も少なくありません。


そんな電磁波照射を内臓に撃たれればあらゆる病の原因にもなるでしょうし、
それにX線やγ線が加われば容易に癌の原因にもなると思います。


被害者はそんな電磁波で
一年中肉体や脳や腸への関与を続けられているわけです。


更にこの電磁波は強い照射であれば
其の兆候が残ることになります。


それがどんな形であってもです。


それは吹き出物のような状態であったり斑点であったりしますし
かさぶたのような場合もあります。


其の上に最初に入り込んでくる時には電気的刺激や痛みもあります。


それを被害者にばれないようカモフラージュするために
特定の箇所、例えば足の裏の固くなっている箇所を狙ったり
することで其の気配を消していると思います。


そしてとりわけ効果的に関与するためには
被害者の周囲の環境での機器の設置も必要となりますし

その意味でも一番狙われるのは寝て居る時ということになります。



近年は効果的な照射方法を開発中の様で、
痛みが少なく効果が大きな方法が利用されているようですが、

電圧を高められるとまさにそんな状態かもしれません。

私の部屋の前の電柱では頻繁に工事業者がやって工事を始めますし
その度に電圧が高まる事となっています。


更に効果的に肉体に痛みを感じさせること無く
出力を高める方法があるようです。


私が頻繁に記事している腸内への異物での関与です。


それは排泄物を使用してそれと薬品を併せることで
腸内にゲル状物質や固形物を作り上げる技術です。


空気中に薬品を散布してそれを腸内へと誘導し排泄物
と混ぜるのです。


多くの場合はそれは滞留便の形で体内に維持されることになります。


異物だけを固めた場合もあれば、
腸内の排泄物に混ぜたり更にはコーティングさせることでも
効果を出せるようです。


後は加害者達はそれを延々と体内に維持しようとしてくるために

食後などは頻繁に胃腸を管理されることになります。


強いてはその事が便秘や吐き気なども齎される原因にもなります。


直腸に奇妙な痛みを感じていた事を思い出し
そこを塞いでは排泄妨害を繰り返されていたらしい事を
今となっては気がつき納得しています。


私は自覚以前遥か昔から電磁波による身体管理を
されていたようです。


それは滞留した其の物体を維持しようと努めるためであり、
其の排出を妨害して他の排泄物を
先に排泄させるような面倒な技術を使用してくるためです。


作り上げられた異物まみれの排泄物は
薄くべったりと腸に貼り付けられることもあるようです。


本人は無自覚ですが、そのために太りやすくなることもあれば
それが張り付いていると外部からの薬品や
ウイルスの影響をも受けやすくなるようです。

そこに熱を加えることで腸の内容物の吸収を促すことになります。


其の異物は貼り付ける箇所によって効果的に
身体へも影響を及ぼすことになります。


横隔膜に近い箇所であったり肺に近い箇所であったり
心臓に近い箇所で遭ったりと使い分けできると思います。


あとは其の異物経由で強い電磁波を特定箇所へと
与えることが出来ます。


それが存在することで電磁波の照射の刺激や熱による痛みなども
緩和される事になるのだと認識しています。


つまり電磁波被害の酷い人間は
そんなものを無自覚に腸内に抱え込んでいる可能性が強いのです。


一方では私達の身体は例えば”テラ波”のようなものを使用して
其の内部を把握されていることになります。


最近では航空のボディーチェックにも使用されている
テラ波の探知機のような物の使用の可能性です。


もしかしたらX線や他の放射線の可能性もあります。


勿論モニターもあるでしょうし身体を確認し管理をしているのは
パソコンのようなものだということになります。


以前にも触れたように、テラ波などの高周波治療器が
パソコン管理で特定の箇所への介入が可能のように、


加害者は高周波医療技術を悪用していると言うことになります。


それを強い出力と室内の磁場を使用することで
遠隔からやっていると言うだけで、
別段難しい技術では無くなっているのだと思います。


其の効果は照射場所によって異なるのは言うまでもありません。


私の経験ではありとあらゆる関与が可能だと認識しています。


偏頭痛や鼻炎、咳、目の炎症、動悸、呼吸への介入、
しゃっくり、腰痛、関節炎などは
特定箇所への照射だけでも引き起こせるようです。


更には複合することで、そして内臓に照射することで
あらゆる病の症状を引き起こせるはずです。


それは物理的な刺激でもありますし
細胞の物理的変化でもあります。



一方ではホルモン分泌器官への関与による精神的肉体的関与もありますし、

脳をの特定箇所を針のように電気的刺激で刺激すれば、
マインドコントロールとは別の意味での
電気的刺激による脳の誤作動をも生じさせる原因となります。


電磁波の効果の一つにマイクロトロン共鳴と言うのがあります。


薬品を吸わせて置いて、其の薬品の成分と共鳴する周波数の電磁波を
出力する事で其の効果を倍増したり促進する事が出来ます。



先述の異物に対してそれを吸わせれば
肉体に対して薬品の影響を与えやすくもなります。


そしてこの薬品も其の種類は豊富のようです。


あらゆる薬品が存在していると思います。




更には複数箇所に複合して使用することで
特定の症状、風邪や喘息のような症状も出せますし
更にはウイルスやカビを使用しての関与も可能です。


人間のために、人の幸せのために利用できる技術が
人に不幸を齎すことに利用されていると言うこの実態を

私は一人でも多くの人に認識して頂きたいと思います。


この技術を使用できる環境は日本中で整っています。


多くの人間が強い磁場と多くの家電に満たされて
日々過ごす事を強いられているからです。



そして被害者と言われているのは自覚している一部の人間。


通常それは無自覚のうちに気がつかないように実行されます。


時々は副作用として逆流性食道炎、


もやもや病、下肢静脈瘤、繊維筋痛症、
多活動性膀胱炎として現れるようですが、

それをも病に仕立てて薬品を販売している世の中ですから
実態に気がついている人間が少ないのだと思います。


つまりは誰もが被害者である可能性がありますし
被害者になる可能性があるのです。


そろそろこの何もかもが
欲と利権に絡んだこの社会のカラクリに

気がつくべきではないでしょうか?



建築業界も家電業界も、製薬会社も医療機関も
設備業者も全てはハイテク加害者達と無関係では無いはずです。


ここでは人間の不健康という需要から
医療や製薬の需要が生まれています。


私達は所得を減らされ、税金を増税された上に
健康をお金で維持するように誘導されているのです。


恐怖の見えない不幸への誘導社会の実態に
是非目を向けて欲しいと思います。


攻撃を受けながら皆に知って貰いたい事を
私の理解の範囲で紹介しました。
参考にして欲しいです。

物理的盗聴とテレパシー



これはツイッターで書き込んだ内容です。


ハイテク犯罪につき物は盗聴器の存在です。


室内で其の人間がしていることを把握するため
そして其の人間に関する情報を知るためだと思います。


しかし其の実態は把握できないはずです。

なぜかと言えばTVで取り上げられるような
固定式の盗聴器を室内に仕掛けているわけではないからです。


彼らが使用しているのはレーザー盗聴器や
電波盗聴器といわれる物だと思います。


それは外部からレーザーや音波によって
室内の音を拾うシステムです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

機材でも発見しない限り
其の実態は把握されません。



市販では売値200万もする
レーザー盗聴器が紹介されていましたが
おそらくはそのようなものが主流となっているはずです。


彼らは組織力を有した金持ちです。

一個1000円の古典的な室内に取り付ける
盗聴器など使用することも無いはずです。



其の上にTVで印象操作をするのです。

盗聴は固定式の盗聴器を室内に仕掛けることで
実行されるのだと思わせるためにです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして私達は騙されます。


40年前の技術によってハイテクの存在を
隠されることになります。


其の上で彼らは語るのです。
「盗聴されていると言うのであれば盗聴器を出してみろ」とです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
レーザー盗聴器は窓ガラスに響く室音を広い
増幅する手段として存在するようです。


糸電話を想像して頂ければ判りやすいと思いますが
室内はコップ本体でレーザーが糸の役目を果たすことになります。


更に室内の音を響かせるための手法も
存在しているようです。


私の部屋の居間ではまるで風呂場のように
音が響く箇所が時々現れます。


そこに響く私の声をそのまま音波かレーザーで拾っているのだと
想像しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
つまり今の時代はプライベートが保障された空間など
存在してはいないことになります。


徹底した監視と管理の社会が進んでいるのです。



まだ其の実態が知られていない
地上デジタルマイクロ波放送がそれに輪をかけているはずです。


今回のデジタル放送が従来の様な情報の一方通行でない事に
多くの人間はすでに気がついているはずです。


時にはこちらの意志を放送局側に伝えることが出来るということは
電波が双方に通信可能であることを意味します。


極端な話がもしもTVに盗聴や盗撮機能の装置でもついていれば
私達はTVを通じて情報を盗まれることにもなるわけです。

私はそれを荒唐無稽だとは思いません。


大体が購入時に管理番号が存在していること自体がおかしく
個々のTvの機体はそれぞれが特定できるように
なっていることも怪しげな話です。

私は購入時に住所と氏名までしっかりと
登録所に書かされました。


彼らは私達が見ている番組も知っているかもしれませんし
それを追跡すればどんなことに興味を持っていて
どんな価値思考をしているかも把握できると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
TVドラマにしてもどんなものを好むかと言う傾向は
そのまま私達の価値思考を反映することになります。


つまり彼らは国民の意識をそれを利用して
認識・把握することも可能だと言うことです。



そこまですると言うことは、彼らは人々の思考を知ることで
秩序に従う人間やそれに歯向かう可能性のある人間まで、
調べ上げることを目的としている可能性もあると思います。


この社会の秩序を保つため
そして人々に権威に対して反抗的な意識を持たせないため、
私達一般市民の実態を把握するためにも


盗聴や盗撮と言った手法は利用できるものだと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここからはオカルトと思わないで理解して貰いたいのですが、

更に今では”想念”を読み取る技術まで蔓延している最中です。



私達が”思念波”と呼んでいるものを映像などで再現する手法です。

思念波=想念とは私達の思考であり、想いであり、
脳内でのイメージでもあります。


一部の被害者はその技術を思考盗聴と呼んでいますが
それは現実に可能です。


私達人間は想念を受け止めてそれを解読する能力を持っています。


私達の社会ではそれをテレパシーと呼んでいます。


テレパシーとは遠隔にいるもの同士が
想念というエネルギーを受け止める作業です。


それは言って見れば私達の脳波を他の人間が
受け止めて脳内で再現する行為です。


私達は何かを思考した時にそれを
全身から”想念”という形でエネルギーとして発します。


それを偶然受け止めることになると
私達の脳に他人の思考が入り込んでくることになります。


それは突然なので”閃き”や”印象”として受け止め、
自分の思考であると勘違いする事になると思います。


他人の思考であっても、それが自分の脳に入り込んでくれば
思考として再現される事になるからです。


一方では私達は誤ったテレパシーの情報を持っています。


それはテレパシーが声で送られるものだと言う勘違いです。


組織的犯罪被害には音声送信と言われるものがあります。


それをテレパシーと勘違いしていると思います。


音声送信はニューロフォン技術と言われ
アメリカで40年ほど前にすでに特許が取られている物です。


本来は鼓膜などを通して聞くことになる音声を
脳の聴覚細胞に直接届ける事で音を聞かせるシステムで


これを使用すれば生まれつきの耳の障害者でも
音を聞くことが可能になります。


組織的犯罪組織はこの音声送信を
被害者にも工作員にも使用しているようですが


それはテレパシーではなくて、


単に音という三次元の物理振動を脳で認識するメカニズムの
前半を省略して簡素化したものだと理解していただければ良いと思います。


一方ではテレパシーはエネルギーとして変換された
私達の思考、脳波を別の人間が読み取る機能です。


これは右脳がしっかりと働いていることが前提で起こるもので、
誰もが無自覚のうちに体験しているものでもあります。


自分の思考を考えて見れば判りますが
思考は声というよりはイメージや印象として持つことになるものです。


それがエネルギーとして対外に出た時に
それを受け止めた人間にはどんな変化があるのか?


受け止めた人間は脳に印象かイメージと言う形で
閃きを感じることになるはずです。


更に自分の思考と他人の思考の区別は難しいものです。


私達にはテレパシーを受け止める能力がある事も、
其のメカニズムも一切知らされていません。


結果、多くの人間はそれを閃きとして受け止めた時に
それを自分の思考だと思い込んでしまうことにもなります。


そして私達はそんな能力の存在に気がつかずじまいで、
しかも今の社会は右脳の封印が続いているために、
私達は其の機能すら失おうとしていることになります。


一方では其の想念を機械で読み取る技術が
開発研究され続けています。


例えば想念を映し出すカメラを使用すると、
極端な話が一時間前の自分の姿をカメラに収めることも可能なはずです。


現在の自分を写すと、その背後に
一時間前の自分の想念が幽霊の如く存在していることにもなります。


それは目に見えないエネルギーを撮影する技術であり、
其のエネルギーは私達が思考するたびに
全身から外に向けて放出され続けているのです。


思考盗聴と言われている技術はこの”想念”の解読のことです。


脳波を増幅し其の脳波の内容を、モニターに映し出したり


他の人間の脳に直接送り込むことで、
其のイメージを認識する技術だと思います。


ここでは私達の脳まで調べられることになりますし、
其の行為は究極のプライベート妨害とも言えるかもしれません。


そして情報管理の其の多くが、私のような被害者が
電磁波と呼んでいるものを使用して実行されていますし


今私達にとっての脅威は
見えないエネルギーでもある電磁波であることを
更に強調させる結果となっているのです。


一方では其の電磁波を脳波に擬態させて
人間の脳をコントロールする技術までもが進んでいるようです。


脳に電磁波でイメージを送られた時に
それを自分の思考だと認識したら私達はどうなるのか?


それに反応して行動する事になるはずです。


TVのサブリミナル効果が
私達の脳に無自覚の刺激を与えたような効果が
今度は電磁波を使用して実行する事が可能になっていると言うことです。


脳波は超低周波として認識されますが、
それと同じ周波数で同じような振動や性質を電磁波に持たせることで
私達の脳波に擬態する技術があるのです。


私はそれを強制想念と呼んでいます。


もっと言えば此方こそが本当の人工テレパシーです。


知らないからこそ利用されそれによって騙され誘導されることになる。


知らないことは罪ではありませんが、知らないと騙され利用される社会が
見えないハイテクの使用によって実現されていると言う実態に
私達は気がつくべきではないでしょうか?



科学の進化を隠している人間達が
其のアドバンテージを利用している事を
是非意識して欲しいと思います。

私の言葉を鵜呑みにするのではなくて
それをヒントに自ら思考し追及してください。


私達は今無自覚のうちに自ら思考することを
止め様としているからです。

2011-05-13


アダムスキーはこう語りけり

”神の法則”とか”宇宙の法則”とアダムスキーは語っていましたが
要するに人間の在るべき心のあり方は
一生懸命宗教経典を学んで得るものでは無いという事だと思います。


勿論,道徳同様にある程度の教えを受けることも大切だと言います。


しかし、現世利得はこの現実世界に重きを置く思想。


メシア到来も千年王国も同じく
人間をこの現実世界に執着させる思想。


もしも私達の実態が精神であるとしたならば
この世界は修行の場であり
この世界は体験の場であると言う意識を持つことが
私達の正しい在り方なのかもしれません。



私もそんな意識に賛同します。


アダムスキーの思想はその後改竄されて
ニューエイジに利用されていますが
彼の思想こそが真実に近い生き方だと私は思っています。


高貴なる生命体は人間と同じ姿をしていた。


しかも、神の法則、自然の法則に逆らうことなく
常に心に神の意識、体には気の力を感じながら生きていたから
現実世界での心身の摩擦も消耗も少なく、
老化も私達よりも遥かに遅いものだったと言います。


寿命は当然私達よりも数倍長いそうです。


しかも彼らは心こそが私達の実態であると言う事を知っているので
死を恐れないし他人の死を悲しむ事もなかったと言います。


そして彼らの世界では輪廻転生は当たり前の事だと言います。


そういえば、最近は日本でも歳を取っても若々しい人間が増えていますが
食生活の影響ではなくて
そんな精神性の問題なのかもしれません。


そしてマスゴミが大好きな
病気や人の死に関わるようなドラマは
人間に生に執着させるためのユダヤの誘導なのかも知れません。


病気になりたくない
長生きしたい、人を殺してでも生きていたい。


この世界で面白おかしく暮らしたい。


そんな意識を私達に植え付けて
一方では病の原因を作り上げ、ばら撒き、
其れに恐怖する人間の意識を利用しては金儲けにつなげる。


宗教を利用しては、「貴方は神の国で永遠に生きる事が出来る」
と勧誘し組織の金儲けと活動のために信者を利用する。


金が無いと生きていけない社会を作り上げ、お金の影響力を増しておいて
一方ではそれを十分に流通しないよう独占し
金の為に犯罪まで起こす人間をも作り上げる。


それは全ては奴等が私達をこの物質社会へと執着させるため、、
そして私達をこの地球の今のこの世界へと縛り付けるための手段なのです。



犯罪なるものは、その殆どが人間が肉体を持っていることにより
強く表に現われる本能に基づいて
引き起こされるものだと思います。


ユダヤ社会はまさに
人間に肉体を持つがゆえの悪い本能の命じるがまま生きるよう
誘導している社会でもあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そういえばニューエイジで
「宇宙人が私達を救ってくれます」
と言う誘導をする人間がいるようですが、


私は、”天は自ら助くるものを助く”が正解で、
精神が幼稚な人間達に高等生命体が
容易に手を貸してくれるとは思いません。


赤ん坊に学問を教えたところで赤ん坊はそれを理解出来ないと言う事と事と
同様だからだとスペースブラザーズは語ったそうです。



「地球人がその意識を高める時を待っている」と言うのが
アダムスキーのコンタクトしたスペースブラザーズの話でもありました。


そしてTVのCMではありませんが
地球を観察するためにこの世界で暮らしているような宇宙人も
存在していたと言います。(今はどうかわかりませんが)


そこで彼らは見ていたのかもしれません。


私達がどんどんと誤った教えや意識をユダヤに植え付けられては
神の道から遠ざかっていく姿をです。


そして彼らの言う神は人格を持った存在ではありません。


ユダヤ教の神でありその後イスラム教、キリスト教共通の神であると
認識されてしまった”ヤハゥエ””エホバ”などと言われているような


人間にあれをしろ、これをしろと命令するような存在ではないのです。


そして彼らに言わせればブッタやイエスやマホメッドは
自分達の様なスペースブラザーズ同様の魂が


地球の精神成長を助けるために地球で生まれ
人々に神の法則と生きる指針をしめすために遣わされた使者であり


元々は、彼らが説いたものは神の法則・宇宙の法則だったと言います。


それが彼らの死後極解され改竄され
心無い人間達の一般人支配の道具に利用されてきたと言う事のようです。


殆どの宗教は神の教えや神の存在を歪められ
本来私達のあるべきである、


「常に心に自分が神の一部であると言う事を意識して、
宇宙の一部であるという事を意識して生きる」


と言う姿からかけ離れた意識を人々に植え付ける道具になっている。


そして今では多くの宗教が金儲けとユダヤの策略の為に腐らされて
元の教えとはかけ離れた存在になっているのだと思います。


アダムスキーが彼らに示された神の存在とは
宇宙全体を被っているエネルギーのような存在だったようです。


つまり私達は本来ならその神のエネルギーの中で生きているのですから
常にそれを感じる事ができなければいけない。

私達は常に神と一緒に暮らしている事に成ります。


しかし多くの人間がそのエネルギー、恐らくは”気”なるものを
感じる事もできなくなっていて、
しかも悪意、邪気という似て非なる物の影響をも受けるようになっているわけです。


例えば地球が本来持っている電磁波の周波数は
8HZ~10HZの超低周波だと言われています。


その周波数は本来人間の心身を癒す事さえ出来るものだそうです。


しかし私達が日々暮らしているこの環境に蔓延しているものは

それとは異なる周波数が殆どです。
(家電の周波数一つ取ってもそうですよね)


つまり私達が地球から受け取るべきエネルギーさえ
本来あるべきものとかけ離れる事と成っている。


そんな環境では私達は正常で居れる訳が無いのかもしれません。


そして、私達は本来直ぐに側にある
神のエネルギーとも言える気の力を受け取る事が出来ない状態に
置かれているのです。


その事を知ってか知らずか
ユダヤやその傀儡達はその本来在るべき物と異なるエネルギーを使用しては
人間の心身を弱体化させている事になります。


私達は今のままではますます宇宙の法則とも言える生き方から
かけ離れて行くのだと思います。


そんな私達の世界に在る日突然宇宙人がやってきて
人々の意識を変えようとしたら。。。


今の世界で満足している人間達
この地球の現在の支配層はそれを望むわけが無い。


彼らスペースブラザーズは戦闘を好みません。
もしも攻撃されれば逃げるか滅ぼされる事を受け入れると言います。


スターウォーズ計画はそんな彼らがが地球に入り込まないように
そしてその存在を人前に示して地球人の意識を変貌させ内容に
彼らの宇宙船を打ち落とすための計画だったのではないのか?


ロシアとアメリカが共同開発すると言っている
対エイリアンの防衛システムは


イエスやブッタやマホメッドのような精神を持った
宇宙からの訪問者を地球に近寄らせないためのものではないのか?


私はそんな事を考えていました。


天国も地獄も存在しない、でも魂は消える事もある。
スペースブラザーズはそう語って居たそうです。


神の意識から離れた魂は
神の周波数を受けることが出来なるなる。。。


神のエネルギーを受けることが出来なくなるのですから
エネルギーの充電を受けることが出来なくなり
その機能を止めるといいます。


つまり魂は動かなくなると言う事です。


そしてスペースブラザーズに拠れば
天国も地獄も存在しては居ないと言う事。


在るのは繰り返し生まれては精神の成長を計る
私達の魂だけと言う事です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

P.S.

私は組織的犯罪被害者として
加害者達に悪態を付きまくっています。


でも地獄に落ちろとは言いません。
このアダムスキーの語った話を信じたいと思っているからです。


そしてそれこそが真実の様な気がしてなりません。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ユダヤ人と天皇家

判る人は判っている。。

まずはそんな掲示板のコメントから。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
862 :本当にあった怖い名無し:2011/05/03(火) 06:03:02.19 ID:SLCC8Y5n0


ユダヤ人に対する知識などを取り入れることは悪くはないが 「ユダヤ人」とひとくくりでまとめてしまうのは罠に陥りやすいですね。 ユダ族と親密な関係だったベニヤミン族を考えたら、 やはりベンジャミンは向こう側と考えた方が妥当。言ってる事が胡散臭いですし… ここにも信者が多いみたいだけど、ベンジャミンは 多分戦争やテロ行為などに参加させようとする側の工作員の一人だと思うよ。 内輪もめや内戦、戦争なども 全て向こうの計算通りなのでみなさんも踊らされないよう気をつけてください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ベンジャミン氏と古代ユダ王国のベニヤミン族がどんな関係にあるのかは
情報に疎い私には判りませんが


”ユダヤ”なる物がとても複雑な定義である事も
ユダヤ人=ヘブライ人で無い事も間違いありませんし


何かと言えば”秘密結社”という
目に見えない、その構成員が認識できない組織を取り上げては
巨悪の策略を語るベンジャミン氏の主張には危険性を感じています。


何と言っても”秘密結社”はユダヤが喜んで利用する組織。
自分達の隠れ蓑にもなりますし、特定されるのは常に一部の人間だけ。


誰が所属しているかわからないからこそ秘密結社なのであり
行為の責任の所在も確認できないような存在だからです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


更に掲示板を見ていて気になったコメント。



788 :本当にあった怖い名無し:2011/05/03(火) 03:12:16.10 ID:Dr6h288V0
>>747 ユダヤ人は基本的に日本人が大嫌いだよ ユダヤ教で神獣に指定されてる鯨を食ってる悪魔民族だから 台湾も捕鯨を辞めないから中国の属国扱いだし 捕鯨を辞めなきゃ日本民族が絶滅される
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ユダヤが日本が嫌いなのは
日本人が自分達とは対極の人間性を持っているからかもしれません。


そして自分達の多くがアシュケナージと言われるヘブライの血統を継いで居ない偽ユダヤ人なのに
日本には本当のヘブライの血を引いた人間が大勢居るからだと思います。


大体が日本人が以前食文化として食べていた鯨と
欧米人が好んで食べていた牛との違いは一体何なのか?
同じ哺乳類でありながら片や神獣で片や食料?


白人が鯨の事を「人間の次に頭の良い動物だから食べてはいけない」
と言っていると言う話を聞きましたが
それだって一体どういう根拠に基づくものなのか?


身勝手な価値観を持ち他民族にその価値観を押し付ける。


カルト宗教にありがちなその意識は
ユダヤ教にも共通だと言うことです。


そしてそのユダヤを擁護する発言をするこの人間は一体。。。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
天皇家に関して。。。


少し触れてみたいと思います。


まずは掲示板のコメントから。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

873 :本当にあった怖い名無し:2011/05/03(火) 06:56:49.64 ID:jYowMHYjO

オカルトちっくになてまうが、まぁいいのか(^^;) 日本の天皇のDNAが捕らえた宇宙人と同じなんでそ? で、そのDNAがユダヤと我々純日本人にあるとかなんとか これを科学的にやったと書いてあるやつ一晩かけて読んだよw 仮病の雅子さんのせいでおかしなDNAが混ざっちゃったよね
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

875 :本当にあった怖い名無し:2011/05/03(火) 07:09:14.94 ID:SLCC8Y5n0

>>873 そもそも、その情報元は信頼できるの? 科学的とか言うが科学的とか論理的とか常識とかってのは向こう側が使う手段だよ。 そもそも宇宙人自体が向こう側が作り出したものだし… 過去日本を支配してきた天皇家は今現在で言うと世界を支配してきたロスチャイルド家と同じような存在だよ? なのにロスチャイルドは敵で天皇は味方と本気で思ってるの? 日本人だから天皇は味方って思ってるならもう国単位で考えるのはやめた方が良い。 と…工作員の無駄スレにマジで答えても無駄だけどね。どうせただのスレ流しだろうし。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この両方のコメント、
実はどちらもある意味正しいと思います。


しかしながら宇宙人は存在しています。
認識できないのはユダヤ教育に染まっているためです。


自分達の地球が特別な星であり人類がここにしか存在していないとしか
認識出来ない人間は頭が固いか思考能力が足りないのです。


そして信用出来る情報元を探していたら
タブーや秘密は何も解明されない事になると思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私の寝言を聞いてください。


私の過去記事を読んでいただければ判るかと思いますが
”古代の”天皇家は古代イスラエル王国の末裔だったと思います。


日本の大和民族の元となった民族は二つ。
日本国内の原住民であった縄文民族
(本当は縄文民族も北方から流れてきた古代民族と言う事のようですが)


そして中東に起源を持ちながら、他民族からの支配から逃れ
只管東へと移動し(恐らくは争いの無い定住の地を求めて)
紀元前に朝鮮半島を通って日本にやってきていた古代イスラエル王国の民です。


(詳しく言えば更に南方民族としての弥生民族が
その後入ってきて混血しているので三つの民族がその祖先ともいえます)


このイスラエル王国を構成していたのが
ヘブライの12支族と呼ばれている民族のうちの10の支族の人間たち。


そしてその一つの種族の血を引いていたのが古代天皇家。
(エフライム族だといわれています)
古代天皇家は古代イスラエル王国の王家の血統を継いでいたと思われます。


しかしこの血は途切れたはずです。



イスラエルの民とは別に
紀元後に朝鮮半島を通ってやってきた民族
古代ユダ王国の血に拠ってです。


古代ユダ王国とイスラエル王国は同じヘブライの民と呼ばれながらも
その宗教や生活習慣の違いなどから
過去に二つの王国に分かれていた事は古代史から知られていますが


(歴史に拠ればユダ族の王の重税に反発した人間達が
ユダ王国から分裂した事になっていますが)


恐らくは歴史からは見えてこない主従関係が
ユダ族と他の種族に存在していた可能性があります。


若しくはユダ王国はアッシリアによって
内部を支配されていた可能性です。


聖書も改竄されていますし
全てがユダヤに利用されている事を考えれば


もしかしたらユダ王国とイスラエル王国は
元々が別の民族であった可能性さえあります。


イスラエル王国は滅ぼされる事に成りますが
ユダ王国はアッシリア王国の属国となり生きながらえた理由はその辺にあると思います。


イスラエルの民はアッシリアによって国を滅ぼされた後
本来の居住区から移動させられるのですが
アッシリア滅亡後はその新たな居住区からも姿を消す事と成ります。


ここで奇妙なのはユダ王国の崇拝するユダヤ教です。


イスラエル王国もユダ王国も同様の生活習慣を持っていた可能性が高いのですが
イスラエルの民はユダヤ教徒ではありません。


彼らは日本の神道に近い意識を持っていて
全てのものに神の意識を感じる教えを持っていました。
(多神教でもあります)


一方ユダ王国ではユダヤ教を作り上げ信仰していく事になります。。


つまりはヘブライの民はユダヤ教を信仰していたわけでは無いという事です。


同じ民族で在りながら複数の異なった宗教を持っていたヘブライ民族。
ユダ王国の民とイスラエル王国の民は本当に同じ種族だったのでしょうか。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

旧約聖書の中でエホバが「イスラエルの民を連れ戻せ。イスラエルの民に私を信仰させろ」


とユダの民に語るのですが
これはユダの民のイスラエルの民への意識そのものでは無いかと思います。


ユダヤ教は、彼らが厳しい境遇に遭い続ける中で彼らが心の中で作り上げた
彼らにとって都合の良い神の教えが信仰の中心になっています。


聖書の神は過酷な暮らしを続けていた彼らの希望であり
彼らだけの味方でもありました。


彼らが選民で居れるのはその神の存在があってこそです。


そして彼らの中には彼らの神のお告げの通り?
イスラエルの民の居場所を追跡する人間が現われる事になります。


彼らは、今で言うシルクロード付近を行商していた人間達の話から
イスラエルの民が遥か東方に居ると聞き
それを探して東へと追いかけていく事になる。

(もしかしたら逃げ出した奴隷を探している主人の心境だったかもしれません)


そしてそれを極東である日本で発見する事になるわけです。


発見した時のイスラエルの民は既に独自の国家を
日本国内に作り上げていました。


イスラエルの民を追跡してきたユダ族とその従者達はそれを確認し
その後はイスラエルの民同様に日本国内に定住する事になるわけです。


彼らは秦氏とか弓月氏と呼ばれた人間達とその取り巻きだと思います。


東の果てでイスラエルの民の末裔を見つけた彼らは
イスラエルの民にユダヤの習慣を植え付けること、
そしてイスラエルの民を支配する事を目的とするのです。


彼らは大陸からやってきた技術者でもあり知識人でもありました。


それは当時の日本国内でも重宝されるものでもあり
彼らは日本の文化に大いなる影響を齎す事に成ります。


ユダの民の事など意識する事も無くなっていたイスラエルの民は
すっかり大和民族となって独自の生活を送っていましたから


身分を隠していた可能性のあるユダ族の民を
単なる文明人として何も知らずに受け入れたのではないでしょうか。


そんな中でユダ族の人間達は日本の神道に彼らのユダヤ教の様式を
どんどんと取り入れていくよう誘導する。


更には当時日本国内で既に存在していた
”天皇家”と言うイスラエル王国の末裔の築いた地位を
彼らは乗っ取る事で日本国内の権力を掌握する事になるわけです。


蘇我氏が日本の古文書を燃やしてしまったと言われていますが
それが事実であれば蘇我氏はユダ族の人間の可能性が強いと思います。


その時に残っていた古文書は
日本人の血統、天皇家の血統を明確に示すような内容で在ったために
彼らはそれを日本の歴史から抹消しようとしたのだと思います。


その後に自分達に都合のよい歴史を作り上げるためにも
更に天皇の血筋を隠蔽するためにも、
日本の古代史を彼らは闇へと葬る必要があったのです。


そして新しく彼らが改竄した歴史書として出来上がった物が
日本書紀に古事記です。


640年代に日本の古代史が失われてから
700年代に新たに編纂されるまでに掛かった期間は60年以上。


古代の歴史はその殆どが失われ
人の記憶や伝説として語り継がれたものだけを編纂したと考えれば
古代史がそのままそっくり残ると考える事には無理があります。


新しく出来上がった日本史は
消失した真の歴史とはかなり異なったものとなっていたはずです。


彼らは、本来ならば
聖書に出てくる地名や固有名詞がフンダンに利用されていたであろう
古代日本の歴史書を葬る事で、
天皇家や日本人の出生をも隠蔽する事が出来た。


彼らは固有名詞を変え、聖書に通じるような記述を全て抹消し
偽装した歴史書を作り上げては
それを私達日本人の歴史であると植え込んだのだと思います。


聖書と日本書紀に似通った歴史が存在するのは
その名残ではないでしょうか。


全ては自分達の都合の良い歴史と社会を作り上げるため、
そして天皇の本当の血統を隠蔽するためです。


そして大和民族は自分達の真の歴史を失ったのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


天皇家に関してはその血統が一貫したもので無い事は
有識者の中では常識になっています。


近年では天皇が百済や新羅などの出身であるという話を持ち出し
天皇が朝鮮半島の人間であると誘導する人間まで出てきています。


血からすれば現在の天皇が朝鮮半島の血を引いている可能性は
否定できないと思います。


でもそれは正当な天皇家の血ではありませんし
その血は恐らくはユダ族やその当時朝鮮半島で
権力を持っていた民族の血だと思います。


本当の天皇の血統である血は途絶えたか
それとも不明になっているのだと思います。


そしてイスラエル王国の末裔として
日本で作り上げられた天皇家の血統は
当初と今とは全くの別物だと思います。



(勘違いして欲しくないのはそれが韓民族の血であるとは言っていません。
朝鮮半島には多くの民族が国を作りは滅亡していった事はご存知の通りです)


明治天皇の血に関しても色々な噂が流れていますし
私達は天皇の血統を純粋なものであると考えるのは無理があると言うことです。


つまり天皇の血は数回入れ替わっている可能性があるのです。


権力争いは策略と陰謀の世界。


常に歴史の中で権力者に利用される立場にいた天皇家が
純粋な血を保つ事は困難だったのだと思います。



つまり現天皇家は古代イスラエル王国の血ではなくて、
古代ユダ王国の血統を引いている可能性が高いということ。


そしてそのユダ王国の血統を継いでいる天皇の立場を認識している
ユダ王国の末裔である他の人間達は日本を裏から支配しようと暗躍し、


今では、よりによって自分の血とアシュケナージの血を混同して、
アシュケナージユダヤ人達と連携して日本を裏で支配している可能性も見えて来ます。


そして今現在彼らに目の敵にされているのは
恐らくは古代イスラエル王国の末裔の血を引いている人間がその中心ではないでしょうか。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


欧米関係者が日本国内に来て
天皇家にユダヤの気配を感じたと言う話は有名です。


ユダ族が入り込んだ事で
日本の神道も随分と変貌し
限りなくユダヤ教に近い物となっていた事でしょうし
神社にもユダヤ教の影響が強いと言うのも当然の事です。


ユダヤ教と神道の共通点が多く指摘されているのは
イスラエルの民の文化とユダヤ教の文化との共通点と言うよりは


日本に入り込んだユダ族は元々はユダヤ教徒なのですから
当然と言う事になります。


ロックフェラーやロスチャイルドが
天皇陛下と面識があるという話がありますが


アシュケナージとユダ族という差こそあれ
ユダヤと言う点で両者には接点があった。。


そういう話になるのでは無いでしょうか。


そして自分達の本当の歴史を知らない一般市民である私達は
何も知らないでそんな人間達に振り回されている。


それが今の日本の実態の様な気がします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

P.S.

天皇家を乗っ取ろうとしている人間たちも居れば
天皇家を滅ぼそうとしている人間達も居る。


いずれにしても天皇家は今でも日本の中で大きな影響力を持っていることだけは
間違いないと思います。


私も天皇崇拝はしていませんが
日本の文化の象徴の一つとして天皇家を眺めています。

-----------------------------------------------------------------------------

過去記事を読んでいない方は理解不能かと思いますので
こちらから読んでみてください
最後には関係記事へのリンクもあります。




http://ameblo.jp/uruseiblog/entry-10854770709.html
コーヒーブレイク 日本人の祖先は宇宙人??

日本人はイエスの末裔

オカルト話をすれば


私達日本に住む人間は今この時代に
自分がこの国に生まれてきた事の意味を考えるべきだと思います。


勿論今日本がありとあらゆる困難に立ち向かう羽目になっているのは偶然であり
其処には何の意図も無いと考える方が多い事も仕方がないと思います。


しかし、この日本が現在受けているありとあらゆる苦悩は全てが私達の運命であり
私達が覚醒するためのきっかけなのかもしれないのです。


聖書の黙示録は自称ユダヤ人やパリサイ派のユダヤ教徒の手によって
改竄されているものだと思います。


そして彼らはそれを利用しては世紀末の世界を作り上げようと
今現在もありとあらゆる手法を利用しては世界中で計画を確実に実行中であります。


でもそんな擬似黙示録の世界がまさに完成しようとしている其の時期に
私達は偶然にもこの日本に生まれ
その中で黙示録さながらの困難な目に遭遇しているのです。


黙示録が聖書の一部であると認定されるようになってから
恐らくは千年は経つと思いますが


其の長い歴史の中で今まさに其の黙示録が利用されようとしている
其の時代に生まれたことの意味。
(私達は擬似黙示録を今体験中なのです)


そしてユダヤ教のパリサイ派を激しく批判し
最後には貼り付けになったイエスなる人間がユダヤ人であったという事実。
(私はイエスを神の子ではなくて
実在した聖人であると認識しています)



そしてそのユダヤ人と同じヘブライの血を引いているのは
その多くは今ユダヤ人と呼ばれている人間達ではなくて、


パレスチナ、アフガニスタンやイラン、イラクの一部
更にはチベット人、日本人として生きている人間の中に存在していると言う事実。


つまり私達日本に住む人間は
実はユダヤパリサイ派を批判したイエスと同じヘブライの血を
引いていると言う事の意味を感じて欲しいのです。


(日ユ同祖論はある意味正しいわけです。勿論今の自称”ユダヤ”と
日本人が同じ血を引いているわけがありません)


飛躍した話になりますが
イエスと同じ民族の血を引いている私達こそが
この世の悪魔とも言える人間達と対峙していかなければならないのかもしれない。


そして”時は来た”のかもしれません。


私が出来るものなら色々知識を教えて頂きたかった
太田龍さん(ペンネーム)というユダヤ有識者が居ました。


この方はユダヤなる物の実態を日本の中で誰よりも正しく認識していて
その邪悪さを深く理解し私達一般市民にその事を啓蒙していました。


2000年近く前にイエスがユダヤ教徒パリサイ派を
厳しく批判していた時の様にです。


私はそんな太田さんにイエスの姿を重ねています。


この太田さんの命を奪ったのは
恐らくはユダヤの科学力。


見た目では、全身に火傷の様な跡が出来ていた事もあり
電磁波で焼かれたか、中性子線の様なものを被爆させられ続けたのだと思います。


つまり太田さんはユダヤの悪魔の科学力によって
それを使用していたユダヤの傀儡達の手によって殺されたのです。


そのことが、まるでイエスの没後2000年近く経ったこの時代に
イエスの意思を受け継いだ人間が
ユダヤ教パリサイ派や自称ユダヤ人と戦って倒れたように私には思えます。


”そんな太田さんの意思を私達は引き継いで
ユダヤと対峙していくべきだ。”


”イエスが批判し戦い続けたユダヤ教徒とその神
それと戦うべく立場に居るのが
私達日本に住んでいる人間ではないのか?”


私はそんな事を考えています。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
P.S.

何故に日本人と言わず、日本に住む人間と書いているのか?


日本人の血を引きながら諸外国の血に拘る人間達に
日本人の引いている素晴らしき血を理解してもらいたい
そしてその影響を受けて欲しいと考えたからです。


日本に住みながらも、
その半分、若しくは四分の一の外国の血に拘り
日本人である事を放棄する事の愚かさを理解して貰おうと言う意図です。

こちらの記事とリンクも是非参照してください。
http://ameblo.jp/uruseiblog/entry-10854770709.html

カバラの数字



どこかのブログで18が悪魔の数字だと教えた事の影響のためなのか
感化された人間が18なる数字に拘っているのを掲示板でもよく目にします。


元の人間が何で18だと主張していたかは謎なのですが、
確かにユダヤにとっては数字の意味するところは大きいようです。


ユダヤは私達にオカルトを馬鹿にさせといて
自らはオカルトとも言える内容を重視しています。


それは彼らがオカルトと呼ばれるものの中に
実は真実がある事に気が付いているから。。


そして其の微妙なオカルトの力を
一般人には理解させない一方で自分達はそれを利用しているからです。


其の力は私達には認識できないくらい小さなものかもしれない。


しかし彼らの使用しているそんな力は複数在ります。


塵も積もれば山となる。


そしてユダヤの行動をかなりの範囲で規定しているのは
そんなオカルトの存在でもあると思っています。


(そして彼らの思想は勿論カルトです。)


例えば彼らは13なる数字をイエスの死に関わる数字として
不吉であると一般市民には印象付けておいて
自らはその13を好んで使用します。


其の数字が実は強運の数字である事を彼らは知っているからです。


ユダヤが数字に拘りを持っているのは間違いありません。


私もオカルトと言われそうですが
誕生日には大きな意味があると考えています。


それはユダヤのカバラなるものが単なる占いで無い事に
気が付いているからでもあります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本で、風水と言えば
奥様の人気者だったドクターコパを想像するかも知れませんが


私は、風水はそんな奥様受けする話ではなくて
私達の見えていない力を利用したり引き出すことの可能な術だと考えています。


風水は奇門遁甲、陰陽五行説に通じるものでもあり
生年月日や生まれた時間にまで意味があるとしています。


そして優れた風水士は誕生年月日そして時間から
其の人間の性格から運命まで全てを占う事が出来るそうです。


でもそれは占っているのではなくて
計算していると言うのが正しいようです。


生まれた日や時間は元々何からの意味を持って居る。
それを分析したデーターでも持っていて
其の計算結果を当てはめると言う事らしいです。



実は私が真っ黒な格好で池袋地下を広報して歩いているのは
単にそんな格好が好きだというだけでなくて
風水によれば私は誕生日からすると壬(みずのえ)にあたり


そんな人間がパワーを得れる色は黒だと言う事から
ゲンを担いでいるのです。


オカルトユダヤに対抗するには
こちらもオカルト含めて微力でも力を得なければいけない。。


藁をもすがる思いの苦肉の策でもあります。


ユダヤが得意として使用しているカバラですが
其の一番簡単な計算に関して他のHPより引用します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



誕生年は昭和や平成ではなく、あなたが生まれた年の西暦を使います。


足した合計がふた桁になった場合は、
さらに足して、必ずひと桁の数字を導き出します。


【例】1961年12月25日生まれの人の場合


STEP1 生まれた年の4桁の数字をそれぞれ足して、ひと桁の数字にします。


【例の場合】1+9+6+1=17 さらに1+7=8


STEP2 生まれた月も、STEP1と同様にします。


【例の場合】1+2=3


STEP3 生まれた日も、同様に。


【例の場合】2+5=7


STEP4 STEP1~3で出した数字を、足します。
その結果出てくるひと桁の数字があなたの誕生数となります。


【例の場合】8+3+7=18。1+8=9。


*誕生数は 9 となります。 *


なお、STEP1+2+3の合計数が11や22になった場合は、1+1=2 2+2=4とせず
11や22がそのままあなたの誕生数になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

つまり、ユダヤのカバラでは足して11、22、以外の二桁の数字は
再び桁をはずして足す事が前提です。


話を最初に戻して、


18であれば更に
1+8と分解されて=9と考えるべきです。


私は其の詳細を知らないのですが
それぞれの数字には意味があり
そしてこの9こそが悪魔の好む数字といわれています。


ちなみに11や22は強運の数字とも言われているようです。


ちなみに黙示録の獣として示される数字


666は


6+6+6=18
1+8=9


つまりは悪魔の傀儡と言われる人間を指し示す数字である
666は悪魔の数字9に集約される事になるのです。


そして以前から何度か紹介しましたが
日本のラジオの周波数は其の殆どが悪魔の数字と言われる9に集約されます。


どんな意味があるのか殆ど全ての周波数が
カバラ的には9に集約される。。。


日本の電波は皆呪われていると言う事かもしれません。
ためしに次のURLにリンクしていくつか足してみて欲しいと思います。


http://www.oyakudachi.net/amradio/list.htm


2011年3月11日


この日をユダヤの拘るカバラ数字で表せば

2+0+1+1=4

3+1+1=5


4+5=9となります。。。


ユダヤを知るために
ユダヤの策略を予想するためにもカバラは使える。。


たとえこれを信じる事無くても
現にユダヤはカバラを使用している事だけは理解して頂きたいと思います。


(ちなみにユダヤは6をも好むと言うことです。)

地球の神と真の神




悪人達がこの世界で今暴れているのは
彼らがこの地球上の物質社会に執着し続けているからこそです。


もしかしたら奴等は自分達が今度死ねば他の一般市民と異なり、
自分達の魂は消えて無くなる事を知っているのかもしれません。


若しくは、奴等にとってはこの物質世界こそが全てであり、
自分の中の神の分身とも言える魂は
肉体に付随して発生しているものだと勘違いしているのかもしれません。。


だからこそ、一度しか無い人生?


若しくは肉体を持ったままで永遠に生きていける事を夢見て?
奴等は自分勝手な行動を繰り返している。


そして、私達も彼らと同じ意識を持つと
彼らの言いなりに成らざるを得ないことになります。


命が惜しいから、


未だ生きて居たいから、


この物質世界で面白おかしく暮らしたいから、


タブーには見ざる聞かざる言わざるを繰り返し
奴等の言いなりになり続ける。



そんな意識を私達一般市民が持っている間は
悪人達の遣りたい放題は続くのです。


そして本当は、私達が奴等の悪意に毅然と立ち向かう事こそが
奴等にとっての一番の脅威なのです。


正義を振りかざしても、死んでしまえば何にもならない?


そんな意識をしている内は奴等の手の内に居ると思います。


この世に執着させる事、
そして天国と言う概念さえ、


まるで現実社会の中で肉体を持った状態で
出来上がるものだと誘導しているのは


全てはこの肉体を持った社会に私達の魂を縛り付けるための
悪意在る人間達の罠なのです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


先日の田中好子さんの葬儀で田中さんの肉声が流されましたが


其の中でも彼女は言っていました。


「私が死んでも天国で被災者達の力になりたい」




そして彼女は何時か又生まれてくるまでのお別れを
言っていました。


つまり、彼女は人間の死の意味を理解していた。


そして精神・魂の存在の意味を理解していたからこそ
あんなコメントが出てきたのだと思います。


彼女は死んでからも精神として日本を守ってくれると言う意思を示していた。
更には将来の転生の可能性にさえ触れていました。


私はそれを見て、
「流石はお釈迦様の誕生日と言われる日に生まれた女性だ」

と感動していました。


組織的犯罪被害者の中で
私の主張を強く理解してくれる方の中には
精神をとても大切に思っている方々が多いです。


それは勿論、私達が肉体的な苦痛や精神的な苦痛を
頻繁に受けているという事の副産物であったりもしますが


私のコメントをくれるような被害者の多くが精神を大切に思っていますし、
輪廻転生は存在している。。。
魂は滅ぶ事は無いと考えています。


私達は人として生まれて、生きて、死に、
そして再び人として生まれてくる。


そして其のたびに肉体を持つ事で様々な経験をしては
精神を高めては又、死んでいく。


人間をそんな存在であると私は想像しています。


しかし物質社会に染まる事は恐らくは
精神の堕落に他ならないと思うのです。


この社会には、私達が生まれ持った精神、元々誰もが持っていた神の意識とはかけ離れた、


肉体を持っているが故に起きる様々な誘惑や苦しみが存在していて


其の苦しみから逃れたい
快楽に浸りたいという意識が芽生え
私達を本来あるべき状態から誘導しているのです。


地球には神がいると言われています。


それはこの地球だけの管理支配
しかも物質社会の管理支配をしている神です。


其の神の願いは、人々がこの物質社会に執着しては
長くこの世界にとどまって欲しいという事。


そして自分の支配している社会にこそ強い価値観を置いて、
この社会を生きて欲しいという事だと思います。


そのために彼は精神社会なる物を意識させない様に誘導したり、
精神社会がこの現実の世界で永遠に生きるためのものであるかのような
誤った誘導をしてみせるわけです。


そして人々の意識はこの物質社会で平和に長く暮らす事を
幸せであると誘導される事になる。


”現世利得”的な発想や”この世の楽園”的な発想は

全てはこの地球の神様の望むところなのです。


ただ、この地球の神様は本当の神様とは別の意識です。


彼の目的は本当の神様の意識を感じることなく
人々にこの社会で生きて暮らして欲しいのです。


つまり地球の神の目的は本当の神様の意識から
人々を遠ざける事にあるのだと思います。


人を殺してはいけない。 盗んではいけない。

こんな当たり前の意識は本来私達が
持っていて当たり前の物です。


それは本来の神の分身として生まれた私達のあるべき姿の一環ですが
神の法則に基づくと思われる道徳に繋がるものです。


しかし今では其の道徳成るものが地球で壊されているその理由も、
恐らくは地球の神に人々の意識を向けさせるためであると思います。


そして地球の神を崇拝している人間達が人々を誘導する社会だからこそ
このような乱れた世の中になっているのだと思います。


本音と建前が異なる社会。


全てが偽りのメッキで覆われている社会。


裏を返せばこの世界はまともな神経の人間にとっては生き地獄です。


そして言うまでも無くこの地球の神様こそが
彼ら巨悪の崇拝している神様であり


私達が悪魔と呼んでいる存在
ルシファー・第六天の魔王であると思います。


(太田さんが両者を同じ存在としていたので私もそう解釈します)


つまりこの地球の今現在の神様を拝んでいる人たちは
知らぬうちに悪魔を拝んでいる事に繋がると言う事です。


だからこそ多くの宗教が乱れてきている。


そしてそれを意図的に誘導しているのが
ユダヤ・メーソン・イルミナティーといわれる
組織の人間達では無いでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実は悪魔の存在は必要悪であると言う話もあります。


つまり再びこの世に生まれてくるべく魂と
不要であると判断される魂を選別するための役割を担っているのが
悪魔と呼ばれる存在であるという事です。


私もそんな事を最近は頻繁に考えるようになりました。



そしてこれから地球上では
この悪魔の意識に染まっていく人間と
そうでは無い人間との差がますます明白になっていくような気がします。


そして本当の意味での淘汰が死んだ時に行われる事になる。


ユダヤにとって都合の良い人間として生き延びる事を選んだ人間達は
この物質社会では楽しく暮らせてもその後の世界は遣ってこない。


そんな未来が現実に存在していると私は想像しています。


悪魔の傀儡となりこの物質社会での快適さを望むのか
苦しんでも神の法則を貫くのか。


今から日本の住人は其の選択を嫌でも求められる事になる。。



私はそんな気がします。


人為的地震は発生予測可能?


先日、少しオカルト含めた興味深いメールをくれた方がいます。

勿論内容を鵜呑みにして貰いたいとは思いませんが
そんな事もありうるなと言う事で

内容を取り上げて見ます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

古川様 こんにちは。 末端工作員の凄まじい電磁波+薬品攻撃で大変な思いをされていらっしゃると思 いますが、頑張って生き抜いて下さい。 さて、昨日、一昨日と江原啓之さんがお勧めしますダウジング(守護霊との対話) を行なってみました。 古川様は、ブログの記事でオカルトを取り上げていらっしゃいますので、 オカルトに造詣が深く、ご理解して下さると思い、 ダウジングの結果についてご報告させて頂きたいと思います。 私自身は、ダウジングを半信半疑な面はございますが信用しております。 平成関東大震災について尋ねてみました。 時期は2011年4月27日12時~13時の間にユダヤアメリカによりますHAARP によって 引き起こされる可能性がございます。 首都圏直下型地震だそうです。 規模は、M7.0~M7.5だそうです。 この人工地震によりまして殺害される人達の人数は、千人~二千人にのぼるとい う結果がでました。 残念ながら、この人工地震を防ぐことは、出来ないそうです。 以上ご報告させて頂きました。 4月26日までの、HAARP の動向を注視して下さい。 又、身近な末端工作員の動向を監視して下さい。 出来れば、4月27日は、 池袋への広報活動を我慢してお休みして下されば有り難いのですが。 このことは、残念ながら、あくまでもオカルトのダウジングの結果ですので、 私自身は、確信のもてないことなのです。 古川様のご判断の参考情報としてご利用 下されば幸いです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

興味深いメールありがとうございます。

たとえ直ぐには其の地震が発生しなくても
悪人たちは其の意思を持っているであろう事は確かだと思います。


オカルト好きな私としては
超自然現象も超能力も霊魂も信じていますし
可能性としてはこんなことがあっても不思議では無いと受け止めています。

(元々オカルトの半分は単なるオカルトではなく事実ですし)

私はダウジングに関しては知識も在りませんし
勿論このダウジングなるものをそのまま信頼して良いとは言えませんが
実は他にも地震発生に関してはその兆候が出ているのです。

今月の4月11日.12日の大きな余震?直前に
気象庁から今後の余震についての発表がありました。

其の直後に立て続けに震度6クラス前後の余震が起きたのです。

そして今回、昨日気象庁から震度5以上の地震発生可能性が
10%と出た其の日に立て続けに千葉の地震が起きた。

掲示板ではそれ以前に
気象庁の余震発表が地震の呼び水になっていると囁かれていた事もあり
今回の地震はその予想通りのものとなったわけです。

まるで気象庁発表をあざ笑うかの様なタイミングで立て続けに起きた地震に
人為的なものを強く感じている人間も多いわけです。

一方、気になっている事があります。

実は、HAARP観測レーダーの大きな乱れが起きてから
10日程度後に大きな地震が起きていると言う法則があります。

それを10日周期として考えると18日、20日当りに
大きな波が観測されている事から月末が危ないと言う話になるのです。

私は単純に4月29日.30日 5月1日辺りが
危ないのでは無いかと想像していましたが、

そして、もしも昨日の地震が4月12日に計測されたHAARPの異常によるものと関連しているとすれば
今日明日にも更なる地震の可能性が残っていますし、

4月18日、更に4月20日に計測された異常に関しては
今後その影響が出てくる可能性があるという事に成ります。

つまりは今日明日あたりと、4月27日~5月1日くらいは
大き目の地震警戒期間となりそうだと言う事です。

いずれにしてもHAARPにより溜められたエネルギーなるものが
未だ生きているとすれば27日は地震発生可能期間と言う事になりそうなわけです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そういえば今回のHAARPの件が
ネットではそのままリトマス試験紙として使用できそうです。

それは精神サイトなるものや政治サイトを測る尺度としてです。

普段から素晴らしい事?を語っている多くの精神サイトではありますが
其の殆どがここに来て馬脚を示しています。

私は今回の地震をどう取り上げるかで
精神サイトの真価が問われると考えていました。

すると今回は殆どの精神サイトがこの地震を自然発生的なものと捕らえているか、
霊的なエネルギーや地球の負のエネルギーの表れとしていました。

つまり彼らは霊能力があると言いながら、神の声が聞こえると言いながら
今回の地震の実態を掴んではいない、
若しくは意図的に人々をミスリードしている事になるわけです。

そんなサイトの中にはニューエイジと思われるミスリードサイトが目白押しですし、
結局は精神サイトと言いながら人々の意識を誤った方向へと誘導させている精神サイトが
殆どである事もよく理解できました。

同様に政治関連サイトがユダヤに触れる事が無いことも理解できましたし、
恐らくは今信頼できる人気サイトなるものは殆ど存在しないと思います。

全てはユダヤ様のため、若しくはユダヤにまんまと誘導されている
若しくはユダヤと言うタブーに触れていないわけです。

そんなサイトをいくらありがたがって読んだところで
百害あって一利なし。

今ここで精神を高める事に専念すればアセンションが起きて
平和な世の中になる。。

もう直ぐUFOが遣ってきては宇宙人が私達を助けてくれる

今の地震は神の怒りだ
地震の原因は地球に溜まった負のエネルギーの排出行為だ。

どれでも良いのですが
結局は世界の中に実在している巨大な悪の存在など
微塵も触れることなく

人々に安心感だけを与えては余計な事
本当は考えて認識しなければならないことまで考えないように誘導している。

それは結局は臭いものにはフタをして見ないようにさせている、
若しくはメッキを張った偽の神様を拝むよう誘導しているようなもので

精神的な安定を求めて走るカルト宗教が齎すものと
結果的には差は無いかと思います。

つまりは現実を直視させないために
誤った心地良さや精神社会、政治思想へと誘導しているようなもので
其れに嵌れば嵌るほど現実社会の実態は見えなくなってくるのだと思います。

今回の件で私は如何にこの世の中には偽物が多いかと言う事、
世の中嘘と偽りで満たされているかと言う事に気が付く事になりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

話は戻って地震のことですが、

人口地震を引き起こすに当たって
悪人達が狙っているものが何かと言う事も私達は考えておくべきです。

日本に混乱を齎すと言うのが目的であるとなれば
彼らは首都圏機能の崩壊を一番に狙ってくる事になります。

つまりメールで記載されているように
首都圏直下型の地震を引き起こし

人的被害以上に経済機能や治安悪化を誘導する場合です。

首都圏機能を崩壊するには
電力供給を止めれば良い事も先日の節電の際に
気が付かれた方も少なくないかと思います。

とすれば浜岡原発や東海村原発のような
原子力発電所の崩壊を狙ってくる可能性もあります。

現に最近地震が頻発しているのは茨城を中心とした
関東東北近辺です。

度重なる地震の影響で地盤や建物が脆くなれば
それだけでも十分事故に繋がる可能性もありますし

結果として大災害に繋がる可能性もあります。

人為的な物ゆえに選択肢もあるかと思いますし
それが富士山噴火や、津波による都心への災害かも知れませんが

何が起きても慌てることなく対処するような心がけだけは
持ち続けなければならないと思います。

今、悪人たちは一気に勝負に出ている様に見えます。

先ずはここを乗り切って世の行く末を見届ける準備を
出来ればと思います。。


太田さんに学ぶ その13 タルムード

今日二つ目の記事です。




実は太田さんに学ぶ は その14.15.16と出しましたが

13を出し忘れるという間抜けをしていた事に気が付きました。




順番に関係ない内容なので読んでくださいね。




太田龍さんの著書、 ”いま日本が危ない” より引用です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




ユダヤが嫌悪される理由は、

ユダヤの聖典タルムードを知ると氷解します

ユダヤ教には二つの聖典があると言われています。




一つ目はトーラーと呼ばれ、キリスト教でいう旧約聖書のことです。

二つ目がタルムードです。

これはトーラーの解釈書とも言うべきもので

歴代のユダヤ教のラビ(導師)によって編纂され

ユダヤ人に教授されるのです。




それが、現在の形で完成されたのは

西暦四百年から五百五十年頃とされ

印刷されると、細字大型版で十数巻になるそうです。




ユダヤ人に非らざる者がタルムードを読むときは

必ずこれ等を殺すべし」




というのですから、余程読まれては都合の悪い事が

書いてあると見えます。




例えば、終末の時、ユダヤの王なる救世主が現れると

大いなる戦争が起きる、

そしてゴイ(非ユダヤ人=豚)の三分の二は滅亡する。




ゴイはことごとく壊滅せねばならない。

ゴイの富は全部ユダヤ人の手に帰する。




ユダヤの王(メシア)の富はこれを収容する倉庫の鍵だけでも

三百頭の馬に負わせる荷物となるほど膨大であろう。




一般のユダヤ人の最も卑賎な者一人でも

二千八百人の奴隷(ゴイ)を所有するであろう。




こんな馬鹿話が、

気の狂った個人も妄想か面白おかしい劇画、小説の類なら

それまでのことですが




一民族が絶対のものとして信奉する聖典に書かれているとなると

非常に厄介なことになります。




なぜならそれは、民族の集団的潜在意識に成長してくるし

従ってこの願望を必ず主張しなければならないという

ある種の強迫観念に肥大化してしまうからです。




ユダヤ人は人類と名づくる権利あるも

上の神より生じた非ユダヤ人はゴイ(豚)と命名せんのみ」




もし非ユダヤ人がユダヤ人より些細なる者を盗む時は

これを死刑に処するは当然なり。然れどもユダヤ人は欲するままに非ユダヤ人の

所有物を奪う権利も自由なり。





非ユダヤ人の財産を管理することはユダヤ人の権利なり

同じくユダヤ人は非ユダヤ人を生殺する権利を有す。





非ユダヤ人の生命は我等の掌中にあり

特に彼等の黄金は我等の所有物なり




非ユダヤ人の血を流す者はエホバの神に生贄を献じる者なり




故意にユダヤ人を殺害せる非ユダヤ人は恰も全世界を滅亡せしめたるが

如く罪あり。




などと書いてあるのを読むと

我々日本人にはとても信じられない。




ユダヤに悪意を持っている人々の偽造ではないだろうか

などと疑ってしまいますがあいにくこれらは全て本物です。




そしてユダヤ人はこの本音を知るとマホメットやルーテルやボルテールの

痛烈なユダヤ批判が出てくる理由がよく判ってきます。




ユダヤが神に選ばれた民であると言う彼等の言い方は冗談でもなければ

いい加減なその場限りの放言でもなく

いかなる障害難関も突破して実現されるべき民族の議題なのです。




ユダヤのみが神に選ばれた(神と契約した)民である

と言うことの裏側は全ての非ユダヤ人はユダヤの奴隷

畜群となりそしてその財産はユダヤの所有となるべきであると言う

命題なのです。




従って地球上のいかなる民族・国家も

ユダヤと無関係、無縁のまま居る事は出来ないのです。




なぜなら地上のいかなる小国小民族といえども

ユダヤと彼等の守護神であるらしいエホバの神が

放置しないからです。




自分はユダヤに関係ない

自分はユダヤに興味が無い、放っておいてくれといっても

それはだめです。




彼等は放っとかないのです。




全てのゴイム(非ユダヤ人)を征服し奴隷とすることが

ユダヤ人にたいして、彼等の神(エホバ)によって約束され

また義務付けられているのです。





この大命題を実行に移すために

彼等は2500年の間世代を継いで善事類に永久戦争を挑んできました。




戦争を仕掛けられた側の必然的な反応、

これが反ユダヤ非ユダヤの現象であったのです。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



以前にもコメントしましたが

私達はユダヤなるものを理解するためには



経済や政治そしてそれと同時に彼等の信仰する

ユダヤ教を理解しなければなりません。



彼等の経済活動や政治活動は

全てが彼等の目的を現実世界で実現するための手段であって



彼等のその目的やその根本的な意識と言うのは

彼等の聖典ユダヤ教に基づくものだからです。



そしてその聖典を知ることこそが

私達非ユダヤ人(彼等にとってはゴイム=家畜=豚)

が彼等の意識を理解するための第一歩だからです。



太田さんは彼等の聖典として表の聖典としての旧約聖書

裏の聖典としてのタルムードの存在をあげています。



旧約聖書は言うまでも無く

ユダヤにとっては彼等の守護神であるエホバと言う、

他民族には厳格で悪魔的な神と民との契約と戒律について記されていて



一方タルムードには

神に選ばれたという彼等民族が、如何にゴイムと接していくのか

ユダヤ民族としてどんな意識を持つべきなのかが記されていると言えます。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



タルムードという裏の聖典は

中々表社会には出てはきません。



そしてその内容からも

ユダヤ人は非ユダヤ人にその存在を示す事も無ければ

内容を知らせる事もありません。



今世間に知られている内容は恐らくはそのごく一文。



全貌を理解しているわけでない事を前提に

コメントしたいと思います。



タルムードの中では

”非ユダヤ人がタルムードを読んだら

その人間を殺せ”



と記されているように

彼等にとっては一般人に知られては困るような内容が

列挙されているようです。



そしてここには記載ありませんが

”タルムードを読んだ非ユダヤ人は

我々ユダヤ人を皆殺しにしようとするだろう。”



と言う内容の記載もあり

彼等が一般人の意識を理解し

自分達が持っている思想が如何に危険なものであるかを知りながら



自らの目的を達成するために今も地道に活動しているという

自覚がある事だけは理解できます。




ユダヤ教の聖典では世界は全て彼等のものなのです。



ユダヤ人だけがエホバという唯一神の創造物であり

神の民であり地球の支配者であるわけです。



ユダヤこそが世界の王。

世界の全ての富は王であるユダヤ民族の物

世界の全ての人間はユダヤ民族の奴隷である。



それをユダヤ人の子孫に徹底して植え付け

代々伝承していくための聖典がタルムードでは無いかと言えます。



だからこそ、世界の現実を考える時に

私達は自分の持っている常識や良識に当てはめて

その尺度で考えてはいけないのです。



私達の持っている知識と常識は

ユダヤによって規制されたものである事以前から言っています。



そして彼等の意識・良識は

私達一般の人間のそれとはかけ離れているのです。



今日本国内でもカルト宗教団体の中の
一部の狂信者が暴れていること



そしてその意識が一般市民とかけ離れていること

理解していただけると思いますが



ユダヤ教はその親玉だと思ってくれれば判りやすいかと思います。



カルト宗教組織の人間の価値観の中心は

その教えでありそれが行動の規範にもなっているように



ユダヤの行動の規範はユダヤ教でありタルムード。



そして彼等の持っているその意識は

地球上のどんな宗教団体の持っている意識よりも

遥かに危険なものなのです。



日本ではオウム真理教が暴走し

国内のクーデターを目指していたと言う話がありますが



彼等は安直で小さすぎた。

計画も組織もユダヤとは比較にもなりませんし

他のカルト組織に利用までされていました。



でもユダヤ教はそんな組織ではありません。



カルトにありがちな群れを成すようなまねはしませんし

その正体を隠しては世界中にネットワークを張り巡らせる



組織も恐らくはしっかりと整備されていますし

計画に関しては何百年もの単位で(正しくは2000年以上)

世代を超えて進められてきました。



おまけに彼等はとても頭が良い人間達です。


貨幣経済の仕組みも法律も

作り上げたのは全て彼等だと言っても過言ではありません。



そしてその経済や法律更には政治をも利用して

表の世界でしっかりと権力と富を蓄え

今や表の世界でも裏の世界でも実権を握っているわけです。



そして問題なのは彼等は通常の人間とは意識が違うこと。



彼等は神に選ばれた民で

この地球の支配者だと言う危険な意識があるのですから

危険なその意識がこの世界にどんな介入をしてくるのかと言うのが

私達にとっても大きな問題となっているのです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

太田さんはタルムードの一部を引用してくれていますが

ここに書かれているように



ユダヤ人は私達の意識で判断すれば

自分達をある種の特権階級の人間であると思っています。



彼等は非ユダヤ人を殺すことも

非ユダヤ人の資産を盗むことも正当化されます。



それどころか非ユダヤ人を殺すことは

エホバの神に生贄を供えることだとすら言っています。



彼等にしてみれば

エイズのようなウイルス兵器で一般人を殺傷しても



HAARPのような科学力で

災害を起こして、気象を変えて多くの人間に害を与えても

それは正当化されるものであって決して罪ではないわけです。



原子爆弾を開発したのもユダヤ人

それを日本に落とし多くの人の命を奪った事だって

彼等にしてみればユダヤに逆らった非ユダヤ人を殺傷したという

エホバの意思にそう行為であり罪の意識などまるでありません。



その証拠にアメリカからは未だに原爆使用に関しては

一切の謝罪がありませんよね。



つまりは彼等の意識はそれを罪だと感じていないわけです。



そして太田さんが言っているように

彼等ユダヤとは誰もが無関係ではいられません。



何故なら彼等の聖典そしてエホバの神が

全てのゴイムを征服し奴隷とするよう命じていると

彼等は信じているからです。




彼等はその神の意思を達成するためにも

今も世界の支配をひたすら画策し続けています。



そしてそんな彼等の本当の恐ろしさを知らない人間達は

ユダヤを批判することを

単なる人種差別であると勘違いすらしているのかもしれません。



差別ではなくて彼らは現実に存在している危険思想の持ち主なのです。



ユダヤを知るには政治や経済だけでは不十分です。

彼等の深層心理を理解すること。。。



彼等の危険な選民思想を理解する事こそが

私達が彼等の本質を理解するための第一歩だと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

P.S.


実はユダヤ人が古代ユダ王国の血を引く人間とは限らない事も
ご存知の通りです。


極端な話が日本人であってもユダヤ教に改宗して
それを認められればユダヤ教徒、ユダヤ人となる。。


そんな人間たちは色んな宗教組織に入り込んでは
様々な誘導に拍車をかけていると思います。


---------------------------------------




私と言う人間を是非ご支援してください

経済的支援、情報の支援等お願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

郵便番号359-1142

埼玉県所沢市上新井2丁目69-4 クレールⅡ 301号

古川正樹(私の実名です)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

振込み銀行口座





ゆうちょ銀行


店名 008 (ゼロゼロハチ) 店番 008 普通預金 口座番号 7829199

口座名義 古川正樹

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールアドレス

morobosiataru04131222@yahoo.co.jp


古川正樹


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます